〒413-0021 熱海市清水町25-22
電話:0557-81-2632
インターネット 受付はこちら

熱海市、清水町、熱海駅、内科、循環器内科、呼吸器内科、漢方内科

院内設備

HOME»  院内設備

総合内科

循環器内科

呼吸器内科

生活習慣病

花粉症/アレルギー疾患

漢方外来

睡眠時無呼吸症候群

禁煙外来

訪問診療

予防接種

健康診断

ニンニク/ビタミン注射

ED治療


検査一覧

レントゲン検査

肺炎などの肺の病気だったり、心臓の大きさや形から心臓に負担がかかっているかを判定します。

超音波検査(心臓、腹部、血管)

心臓、頚動脈等の超音波検査(エコー)装置です。心エコーでは、心臓の形態や状態、機能などを調べます。頸動脈エコーでは、頸動脈の動脈硬化がすすんでいるかがわかります。頸動脈の動脈硬化が進んでいると、脳卒中や心筋梗塞をおこす危険が高くなります。腹部エコーは、腹部臓器の状態を調べる検査で、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、大血管の様子を観察することが可能です。

心電図

安静状態の時の心電図の波形を見て不整脈・狭心症などの病気がわかるようになっている装置です。心臓病の発見や、薬の副作用の発見などにも欠かせない検査です。

24時間心電図計

不整脈や狭心症の症状は、体を動かしている最中や、夜や早朝の安静時に多く見られます。症状が出現しているときには心電図に変化が現れますが、症状が消失している時には心電図に変化の認められないことが少なくありません。このため、短時間の心電図検査では診断がつきにくいため、日常生活のなかで心電図を記録し続けることの出来るこの検査が、非常に有用となります。

ABI検査

ABIとは、足関節/上腕の血圧比のことです。
両手足の血圧や脈を測定することによって、下肢の血圧と上肢の血圧の比、および脈の伝わる速度を精密に算出し、血管機能を評価します。
血管年齢(血管のしなやかさ)や、血管の詰まりの有無などを客観的に、しかも患者様に何ら負担をかけることも無く、迅速に動脈硬化に関する検査を行うことが可能です。

迅速血球・炎症反応検査

炎症の程度の強さを血液で迅速に判断できます。
感染症が疑われる場合は重症度が即座に診断できたり、虫垂炎などの場合、外科的対処の必要性の有無を判断するのに有用です。

呼気NO検査

吐いた息に含まれる一酸化窒素(NO)の濃度を測定して、咳ぜんそく、気管支ぜんそくの診断をします。炎症の程度に応じて薬の量をコントロールできるため、患者さんの負担軽減につながります。また炎症がある場合には一酸化窒素(NO)が増えるため、ぜん息と他の慢性的な咳を区別することができます。

スパイロメーター

肺の容積や、空気を出し入れする換気機能のレベルなど、肺機能を調べる検査です。息切れする、動悸がする、呼吸が苦しい、咳が出る、痰がでるなど肺の病気が考えられる時に行います。

インフルエンザ検査

当院では富士ドライケムカートリッジによる検査も可能です。
通常の検査よりウイルスの検出感度が向上するため、ウイルス量が少ない発症初期の検体でも検出が可能です。そのため発症して間もない場合は、こちらで調べます。

マスター運動負荷心電図

階段の昇り降りを行うことで、心臓にある程度の負荷をかけ、狭心症・不整脈の診断をします。

医院風景

  • 外観

  • 受付

  • 待合室

  • 診察室

  • 処置室

  • レントゲン室

PAGE TOP