〒413-0021 熱海市清水町25-22
電話:0557-81-2632
インターネット 受付はこちら

熱海市、清水町、熱海駅、内科、循環器内科、呼吸器内科、漢方内科

睡眠時無呼吸症候群

HOME»  睡眠時無呼吸症候群

総合内科

循環器内科

呼吸器内科

生活習慣病

花粉症/アレルギー疾患

漢方外来

睡眠時無呼吸症候群

禁煙外来

訪問診療

予防接種

健康診断

ニンニク/ビタミン注射

ED治療


睡眠時無呼吸症候群とは

近年、睡眠時無呼吸症候群が増えています。大きないびき、睡眠中の無呼吸(家族による目撃)、日中のつよい眠気などが主な症状で、重症の患者さんでは、知力の低下、性格の変化、幻覚などの症状がでてきます。その結果、交通事故、職場の事故、会議中どうしても眠ってしまう、仕事の効率の低下などをきたします。新たな道路交通法では、重度の眠気を呈する睡眠障害は運転免許の拒否・取り消しの理由になっています。

無呼吸が繰り返しておきると、昼間の眠気だけにとどまらず、血液中の酸素のレベルが下がり、心臓や血管に大きな負担がかかり、高血圧症や動脈硬化がすすみ、狭心症、心筋梗塞、不整脈や脳卒中が起きる危険が高くなります。ですから、睡眠時無呼吸症候群は命にかかわる病気と言えます。

重度の睡眠時無呼吸のある患者さんではCPAPという装置を使い、鼻に専用のマスクをかぶせて眠ることで、ほとんどの場合無呼吸は解消され良質な睡眠がとれるようになります。「たかがいびき」と軽視しないで検査を受け、治療が必要かどうか検討しましょう。

当院では、携帯用睡眠時無呼吸検査装置を使用して検査を行っております。この検査はご自宅で行うことができ、入院の必要はありません。本体は80gと軽量で、鼻、指先、お腹(みぞおち)にセンサーを装着して検査を行います。寝る前に装置をつけてスイッチを入れてからおやすみになり、翌朝起床後にスイッチを切って、装置をお返しいただきます。収集したデータ(呼吸・いびき・SpO2・脈拍数・体位・体動)から、無呼吸・低呼吸の有無や重症度などを確認し、結果をご説明致します。

PAGE TOP