〒413-0021 熱海市清水町25-22
電話:0557-81-2632
インターネット 受付はこちら

熱海市、清水町、熱海駅、内科、循環器内科、呼吸器内科、漢方内科

健康診断

HOME»  健康診断

総合内科

循環器内科

呼吸器内科

生活習慣病

花粉症/アレルギー疾患

漢方外来

睡眠時無呼吸症候群

禁煙外来

訪問診療

予防接種

健康診断

ニンニク/ビタミン注射

ED治療


各種健診のご案内

当院では特定健診や市民健診はもちろん、個人任意での健康診断、近隣の企業・施設の従業員の皆様の健康診断、受験・入学・就職に際した健康診断や診断書作成なども受け付けております。 また企業健診や人間ドックの結果に関するご相談も承っておりますので、結果についてどうすれば良いか分からない、病気に関する疑問・不安など、是非ご相談下さい。

各種検診のご案内

胃がんリスク検診(ABC検診)

胃がんリスク検診(ABC検診)とは、ピロリ菌感染の有無(血清ピロリ菌IgG抗体)と胃粘膜萎縮の程度(血清ペプシノゲン値)を測定し、被験者が胃がんになりやすい状態かどうかをA~Cの3群に分類する検診法です。

肺がん検診

肺がんは、がんのなかでも治療成績の悪いことで知られています。その理由のひとつは、自覚症状で発見された時点で、すでに全身に広がっているケースが多いということです。すなわち肺がんは、胃がんや子宮がんなどとは違い、治療が期待できるような早い段階(早期肺がん)で発見されにくいという特徴があります。 しかし、肺がんの場合も検診によって、自覚症状が出る前の早期段階で発見すればQOL(生活の質)を下げずに治療することが可能です。そのためには、毎年肺がん検診を受診していただくことがとても重要です。

大腸がん検診

大腸がんは、早期に発見すれば高い確率で完全に治すこと(治癒)ができます。しかしながら、早期のうちは自覚症状がないことが多く、自覚症状が現れた時には既に進行している可能性があります。だからこそ、無症状の時に年に一度大腸がん検診を受け、早い段階で大腸がんを発見し、適切な治療を受けることが大切です。

前立腺がん検診

前立腺がんとは、男性にだけ存在する前立腺から発生するがんです。前立腺がんは高齢者のがんといわれており、約90%が60歳以上の方で、近年 急激に増えてきています。前立腺がんは一般的に進行が遅く、発がんしてからがんと診断されるま でには数年かかります。また他のがんにくらべ、薬が効きやすいという特徴も あります。現在、健康診断でPSA(前立腺特異抗原)の項目が追加されたため、無症状でも発見されるようになりました。

肝炎ウィルス検診

肝炎には、ウイルス性肝炎、アルコール性肝炎、薬物性肝炎などがあります。ウイルス性肝炎のうち、B型肝炎ウイルスの感染によるものを『B型肝炎』、C型肝炎ウイルスの感染によるものを『C型肝炎』と呼びます。B型・C型肝炎による慢性肝炎は、放置すると肝硬変、肝がんなどに進行することがあります。B型・C型肝炎ウイルス検査を受け、感染している場合には、早期に適切な医療を受けましょう。

骨粗しょう症検診

骨粗しょう症とは、カルシウムを中心とした骨量が減って骨折しやすくなった状態です。原因として、カルシウム不足、妊娠・出産や閉経後の女性ホルモンの減少によりますが、運動不足やダイエットでも起こりやすくなります。 骨粗しょう症になると、転んで手をついただけで骨折したりと、ちょっとした衝撃が骨折につながってしまいます。 できるだけ早いうちに自分の骨量がどの程度かを知り、生活習慣を改善することで予防することができます。

健康診断

健康診断(けんこうしんだん)とは、診察および各種検査で健康状態を評価することで健康の維持や疾患の予防・早期発見に役立てるものです。健診(けんしん)、健康診査とも呼ばれ、学校や職場、地方公共団体で行われるなど『法令により実施が義務付けられている』ものと、受診者の意思で『任意に』行われるものがあります。


PAGE TOP